読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

尿と雑草

尿と雑草が人間を蘇生させる

雑07話【役立たない】


f:id:taka664:20161022085123j:image

酔う朝 酔顔スイガン

朝からウィスキーと発泡酒を飲んでいる

まったくに役立たない朝である 勃起しない朝だ

 

僕の楽しみは人の役に立たない

お金にならない

お金にならないのは役立たずだ(笑)

もっともらしいことを言えば人の役に立つのだが言えない

うまくやればお金にもなるのだができない

本当に僕は役立たずだなとにやけるのだ

いいぢゃないかと

これが朝の悟りだ

 

だいたい、今日の楽しみがあるのだが

この三つは人の役に立たない

1 イワナ取り

2 渓流の岩に字を描く

3 月夜茸を食べる

 

半日、渓流を歩くことの生産性はほとんど皆無だ

うまく岩魚に出逢えればいいが、下手をすると

冷たい水の中を歩いただけで終わる

渓流の岩に筆字を描いたからといって、誰が見てくれるというかなぁ

毒キノコを食べて、かりに当たらなかったとしても

だれが真似をするとも言えないことだ

バカな事をやっているだけだ

わかっているさ

わかっていなかったな

僕がやることは人の役には立たないと

 

役立たずであること

甲斐性がない それが僕だな

だから役立たずの人間が好きだ

甲斐性がある人間はそれはそれ、やるなぁとは思うが種族が違う

僕は役立たず族

 

f:id:taka664:20161022085011j:image

ミミズは何の役に立つか

現代社会ではまず役立たない

昔はミミズを乾燥させたのを「地龍」と言って熱冷ましの特効薬として珍重された

雑草もしかり

昔は堆肥として大切にされた

今ではこの山村でも、刈り捨てゴメンだ

オシッコだってなあ

喜んで飲むヤツはキチガイだから、家族にも内緒だ

 

無人島に遊んだことからして、何の役にも立たないことだ

それは今だって、今日だって変わらない

これから山の奥の渓流に遊ぶ ひとり

僕は人の役に立たないことが好きなんだ

魂の癖なのだろう

 

今月も後半だが、今月はどこにも出かけていない

たぶん誰も訪ねても来ていない

まぐあってもいない(泣)

まぐ愛マスターを自認しているのだが 辞任だな


f:id:taka664:20161022085050j:image

しかしなぁ

役立たない生き方も悪くはない

なによりも、お気楽だ

あるがままに、気持のままに生きられる爽快さがある

人の役には立たないが、自分の役には立っているみたいだからだ

 らびゅー らぶおーる

f:id:taka664:20161022085123j:plain

さあ、岩魚はとれるだろうか

月夜茸には当たらないだろうか

楽しみな今日の一日である

 異常